歌舞伎症候群のセカンドオピニオン・・・北米より

私の息子のベンジャミン(17ヶ月)は数ヶ月前典型的な歌舞伎症候群と診断されました。
今度セカンドオピニオンをフィラデルフィアのミン教授に受けようと思います。
どなたか、ミン教授のことを知りませんか。
 
このことについて、北米ネツトワークで議論されていますが、セカンドオピニオンについてではなくミン教授について熱心に討論されています。そういいながら、次の内容を書きます。
ミン教授については、過去に歌舞伎ジャーナル8号(http://www003.upp.so-net.ne.jp/kabuki_j/ksn/no8.htm)歌舞伎ジャーナル29号(http://www003.upp.so-net.ne.jp/kabuki_j/ksn/no29.htm)で紹介しました。
8号ではミン教授には、14人の歌舞伎の患者さんを診ていること。29号では、ヒトゲノムの解析計画と歌舞伎症候群の関係について述べられています。
 
日本の患者さんの中で、セカンドオピニオンを受けられた人は何人いるでしょうか。
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中