今年、何度目かのBBQ

休日で、天気が良くて、お父さんが自宅にいるときの定番料理。
1度で2度も3度も美味しいBBQ!!
準備の段階から紹介します。
① BBQコンロ?にモミガラを敷く。そこへアルミ箔で包んだサツマイモを並べる。アルミ箔に包むときはサツマイモを充分湿らせておいたほうが良い。
② その上にもう一度、モミガラをかぶせ、炭を置く。
1-imowoset2-momigara

③ 炭に着火する。炭全体に火が行き渡り、火が落ち着くのに約30分を要す。
④ その間熱を有効利用するため、湯を沸かし、コーヒーでも淹れて、まどろむ。第1部終了。
yuwowakasu

⑤ 炭の表面が白い灰に薄く覆われるようになれば準備完了です。
⑥ 食材を乗せます。今回のわが家の食材は、肉、タマネギ、椎茸、イカ。肉以外は自家製のタレに漬ける。タレは秘伝でもなんでもなく、醤油、みりん、酒、生姜、砂糖、ゴマを適当にボールにいれ、別々に約30分ほど漬け込んでおく。
⑦ 口をあいて食べる。網の上の食材をひっくり返すのは、子どもの役目。親は火の管理をする。
4-nikuwoyaku5-shiori6-azusa

⑧ 以上が第2部。次にモミガラの中に入れておいたサツマイモを火バサミを使って穿り出す。
⑨ いきなり食べると火傷する可能性が高いので、しばらく冷ます。この間にお芋の匂いを嗅ぎ至福の時を過ごす。
⑩ 焼き芋を食べる。お芋を少しペットにあげるとペットも家族もたいそう喜ぶことでしょう。第3部終了。
91563d46.jpg7-imo8-imowoku

⑪ まだ、火は残っているはずなので「おでん」を作ることにする。古い炊飯器の内釜などに水を入れ、輪切りにした大根も入れる。出汁コンブを入れるともっと良い。
⑫ 沸騰したら、醤油、みりん、酒、砂糖、秘伝のタレなどを釜の中に入れ、お好みの味に仕上げる。途中の大根の味見はほどほどにしないと大根がなくなってしまう。
⑬ 大根に充分火が通ったあとは適当におでんの具を入れればOK!夕方には美味しいおでんができているはず。この間にブログを書いたり、家族と犬と一緒に散歩したりしてください。火を使っていますので火の管理には充分気をつけてください。
⑭ 夕飯に「おでん」を食べてください。大量に作ってください。ごちそうさまでした。第4部終了。おでんが余ったら明日暖めて食べてください。きつと美味しさのパワーが更にアップしていることでしょう。
 以上『余計なお世話』を書きました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中