理科の授業はアイスクリーム作り

今日は土曜日ですが、学校公開日で授業がありました。
6時限目は理科。贅沢なことに先生とマンツーマンでアイスクリームを作りをしました。
 
材料は、給食の牛乳(先生が自分のを飲まずにキープ)と砂糖のみ
作り方は:
① スチール缶に牛乳を適量入れる。
② ボールに①を入れ、周りに氷を入れる。
③ ①に砂糖を自分の好みの量だけ入れる。
④ 氷に塩を適量入れる。氷の温度は約-10℃ぐらい?
⑤ 祈りながら、①を割り箸で約20分攪拌(かくはん)する。
⑥ こぼれないように注意する。だんだん固まってくるのがわかる。
⑦ アイスクリームのできあがり。盗られないように、美味しく食べちゃう。
⑧ 先生と一緒に「評価」を行い、授業は終わりました。
 
理科の実験は、指示通り行えば、絶対に成功します。今回の実験を簡単に説明すると「牛乳に含まれた脂肪が冷気により凍る」の確認です。
また、実験が完成するまでの間は忍耐が必要です。このプロセスは重要で、この間にバラエティーに富んだアイデアが浮かびます。このアイデアの集大成が、市販の美味しいアイスクリームです。
今回もアズサは想像通りの動きをし、先生と実験の大成功を確認しました。
今度は、抹茶や生クリームを入れたりして、クラス全体でアイスクリーム実験を行われるとのこと。
※私も今回のビデオ撮影に実験をしました。使用レンズをライカのズミクロン5cmを使いました。マイクロフォーサーズのため、実際の焦点距離は10㎝となり、望遠レンズでの撮影となり、ピント合せに苦労しました。次回は開放ではなく少し絞ろうと思います。
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中