歌舞伎症候群の責任遺伝子特定

詳しくは歌舞伎ジャーナル第101号に載せましたが、とうとうこの日がやってきました。
このことは1年ほど前北米ネットワークから知らされていました。また、今年の夏には北米版「歌舞伎ジャーナル_2010_summerで、責任遺伝子特定を予告していました。
解析方法は「エクソンシークエンス法」と言うもので、歌舞伎症候群の解析が第1号だそうです。
この解析方法のメリットとして費用が嵩張らないということだそうです。
この成功により今後期待されることとして
①対症療法が確立されること。
②希少で原因不明の他の症候群にも原因が特定されること。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク