台風第12号による雨(気象現象の大胆な仮説)

先ず、今回の台風により被害を受けられたかたがたには心よりお見舞い申し上げます。

台風の雨雲.JPG

上図は気象庁のホームページから引用したもので、平成23年9月20時00分の”レーダー・ナウキャスト(降水)”です。
我が家族が住んでいる所は愛知県の尾張北部(●)に位置します。
大胆な仮説の根拠は、今年の梅雨以降の降雨状況と全国的な夏の高温
・今年は大台ケ原に雨がたくさん降りました(約1,000mm/日)
・お隣の多治見市が全国1位の暑さになった日もありました。
・今日はほとんど雨が降りませんでした(注意報は強風・雷のみ)。
・三河地方は雨がたくさん降りました。
尾張部に関する気象現象の大胆な仮説
①尾張地方は大台ケ原や鈴鹿山脈の影になって雨雲が届かないことがある。
②『春一番』が吹かない。
③夏が暑いのは大台ケ原や鈴鹿山脈の影響。

誰かこの仮説を証明してください。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中