整形外科で補装具の採寸

カブキ症候群の特徴の1つに「脊柱側弯症」があります。北米グループの調査結果では19%の確立で発生すると発表しています。
これを矯正するための方策としてコルセットの装着があります。
整形外科で「脊柱側弯症」を矯正するためのコルセットと特別な靴を作りました。
コルセットは約1年半ぶり。特別な靴は約1年ぶりの作成です。
特にコルセットは2003年から装着していましたが、身長のの成長も最終段階に達し、骨盤も開いてきたので、「おそらく今回の作成が最終であろう」と先生はおっしゃいました。

今日のビデオ

余談ではありますが、100m走のオリンピック・ゴールドメダリストの「ウサイン・ボルト」も脊柱側弯症で悩んでおられるとニュースで知りました。このことは我々のとても大きな励みとなります。

(テーマ:コルセット(ブレース))
2006年3月3日
2008年06月12日
wearing a new Taylor back brace(新しいコルセットの装着)

2009年05月25日 17:01
Making an impression of her new back brace(新しいコルセットのかたどり)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中