歌舞伎症候群の発生の確立について(新しい考え)

英語版歌舞伎症候群のホームページのIncidenceの項目では次のように記載しています。 “かねてより歌舞伎症候群は32,000人に1人の割合で発生するとしていました。しかし、研究が進むにつれてその数値に疑問がわいてきました。今では概ね10,000人に1人の割合で発生すると理解したほうがより一般的です。なお、男女比はほぼ同数です。

まだまだ医学論文での歌舞伎症候群のイントロダクションでは「32,000人に1人の割合で発生」と書かれていますが、近い将来変更されることでしょう。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中