療育手帳の再判定

療育手帳の更新は3年ごとに行われ、18歳を過ぎるまで行われます。この理由は、年少者ほど障害の程度の変化が大きいことにあります。
今日は市内の施設に児童相談所の先生が出張され、再判定の診断を受けました。
最初に前回(2010年3月18日)と比較して、成長したもの・進歩したものの確認がありました。
次に掲げる事項は、前回と前々回の診断で変わらないものを列記し、その内、赤字で書かれたものが今回進歩の確認がされたものです。
①積み木などの立体的なものを認識する能力⇒できません。
②物の数を認識すること⇒できません。
③カードの動物の名前を答えること⇒できます。
④先生の言葉をリピートすること⇒2語は完璧。3語は怪しい
⑤イマジネーションを問う能力「眠くなったらどうするの?」
   ⇒グー、グー、グー。先生の期待には副えませんでした。
⑥図形の大きい、小さいの判断⇒できません。

上記6項目のうち⑥ができるようになりました。

再判定の結果は1~2週間要することでした。

(テーマ:療育手帳再判定)
本ブログ
 歌舞伎ジャーナル第99号2010年3月18日 13歳8月 中学1年生
歌舞伎ジャーナル第63号2007年3月21日 10歳8ヶ月 小学4年生

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください