日照不足がもたらす農産物への影響

今年の8月は悪天候により、全国的に日照不足となっている。
農産物をとってみても生育が悪く、野菜は高値が続いている。我が家の畑に生っている物は「オクラ」「ピーマン」のみ。
気になる稲作の状況を確認した。
栽培している稲の品種は「アイチノカオリ」。

通常であれば、田植え後80日で出穂する。
今年の田植えは6月7日(土)に行った。
今日は8月30日(土)で、12週・84日経過した。稲に花が咲いているのを確認した。
今年の夏は「冷夏」ではなく、「日照不足」。
稲作は今がもっとも大事な時で、9月の中旬になれば圃場への農業用水の供給はストップする。
天候不順が解消されることを天に願うばかりである。

DSC_0212.JPG天気図.jpg

(テーマ稲の花)

平成22年8月28日 出穂期(しゅっすいき)と稲の花
平成23年8月14日 圃場(田んぼ)の異変
平成25年9月1日 稲の花

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください