歌舞伎ジャーナル第107号を更新しました

内容は
わが子のⅠ型糖尿病は歌舞伎症候群として「2例目」に該当 
(サブテーマ:歌舞伎症候群の治療を小児科専門医だけに任せてはなりません)
これを検証することは歌舞伎症候群で悩む関係者の一助になればとの思いでレポートします。

 目次
 1.わが子の概要 と 保護者の責任
 2.Ⅰ型糖尿病と歌舞伎症候群の1例目の事例
 3.わが子の血液検査結果(平成27年5月11日~6月1日まで)
 4.病院の検証結果(概要)
 5.歌舞伎症候群の特徴
 6.わが国における歌舞伎症候群の医療・福祉の施策
 7.主治医の意見(小児科医師)
 8.まとめ
 9.最後に
つぎのURLからどうぞ
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kabuki_j/ 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中