「供養の花火」かな? 勝手な思い込みですが

わが国の現代の花火大会のルーツは1733年「両国の川開き」と言われています。
時の将軍吉宗は、その前年に起きた大飢饉と悪病(コレラ)払い、悪霊退散祈願のために、施餓鬼を催して水神際を行い、花火を打ち上げたとされています。
すなわち「お盆」の「送り火」の行事なのです。

ところで今日も暑かった。
お隣の多治見市は全国一の暑さで「38.5℃」とのこと。
非公式ですが、わが町は「38℃」でした。

主人公も「花火大会」が大好きでした。
(テーマ花火大会)
2011年8月3日 14歳震災復興祈念

2011年8月9日 15歳成田山名古屋別院にて花火を上から望む

2012年8月1日 15歳祖母と屋形船に乗って

2013年8月4日 16歳地元の3大夏祭り
2014年8月2日 17歳夏だ! 祭だ! 花火に鵜飼い!!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中