田植え

いよいよ田植えが始まった。
全国的に見れば、当地の田植えは遅い。これには理由がある。
当地はかつては「二毛作」であった。
7月に田植えをし、11月末に収穫。
12月に麦の種をまき、6月(麦秋)に収穫。

農業用水は入鹿池の配水を利用している。
この入鹿池は昨年「 世界灌漑施設遺産」に認定された。
約400年前に築造されたとても古いため池。

主人公は直接水田に入り、稲の苗を植えたことは無い。
ただ見ているだけ。そして、収穫されたお米をいただく。
しかし、これが大事なことだったと思う。
自然に触れることは精神衛生にプラスになることは間違いない。

過去にさかのぼってみることにした。
(テーマ田植え)
2014年05月24日 17歳 田植え前の風景特産の桃は「袋掛け」が終了
2014年06月07日 17歳 田植え終了後の水田チェック良くできました
2013年06月08日 16歳 田植え前日終わったとこも、これからも
2012年06月10日 15歳 田植えが終わって1週間水鏡と紫陽花が綺麗
2010年06月06日 13歳 父が田植え機をドライブ主人公は手遊び?
2009年06月07日 12歳 妹が手植えにトライ主人公はバァさんチョッカイ

下のビデオは今日の田植え風景

そのうちに、農業にこだわっていた理由を書きます。
実は、農業に「夢」がありました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中