中日新聞記事(重度障害児の行き場は?)より

◆あるデイサービスの閉鎖◆
まず次の記事をお読みください。
s_KIMG0293.JPG
s_KIMG0294.JPG

5年前から民間が放課後デイサービスに参入が可能となった。また、緊急雇用対策もかつては障害者福祉従事者も可能となった。
結果下のビデオのごとく、特別支援学校へのお迎え風景となった。

障害者医療・福祉は誰もが対象になることがないため、財政難とは関係なく国の責任において対応が必要。

先日の台風10号で岩手県のグループホームで大きいな人的被害が発生したことは記憶に新しいところです。
この原因は近々発表されると思います。また、新たな対策も取られるに違いありません。
5年前の東日本大震災は地震の規模があまりにも大きく、福祉施設・医療施設・障害者教育施設にどのような被害が発生したか調査を試みましたが、知る術もありませんでした。
今年の4月の熊本地震では東日本大震災の教訓が生かされました。
特に障害児医療では熊本市民病院が大きな役割を果たしたとマスコミも報じていました。
自然災害はどうしても発生しますが、人為的な被害がないように日頃から準備が必要と改めて思いました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中