パズル

歌舞伎の子の一部に「視空間認知」に問題があるのではないかと言われました。
具体的には、靴のヒモが通せない、結べない、とか、漢字やかなが書けないなど。
主人公は上の両方ともできませんでしたが、とてもパズルが好きでした。
パズルが視空間認知の克服の一助になったかどうかわかりません。
パズルが好きな理由は多分ゴールがわかり易いからでしょう。
また、同じものを何度もしているので覚えちゃったこともあります。
療育手帳の判定でもパズルに類するものも使われていたようです。

2009/06/27 中学1年生 特別支援学級 学校公開日

2007/07/28 小学5年生 自宅 寝そべりながら

これもパズルの一種

拡大解釈してここまで

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中