地元の犬山祭がユネスコ世界無形文化遺産に登録


そもそもユネスコ世界遺産の価値は何か?
登録されていない祭は価値がないのか?
そんな話は別にして、とても目出度い話である。

父も犬山祭には仕事上深くかかわっている。
そんなことから、一緒に見物しました。まつり関係者も主人公の訪問を大変楽しみにしていた。
資料が残っている順番に紹介します。
2006年4月1日 9歳 小学4年 この年、重要無形民族文化財に指定された。

2006.1.jpg

2008年4月5日 11歳 小学6年生
名栗町の車山   ・   露店の前

2008.2.jpg

枝町の車山 まだ城下町の電線類地中化工事が始まっていません

2009年4月4日 12歳 中学1年(入学式直前) 前日にどこかの国がロケット打ち上げ
桜が満開 手小さんに肩車された「金襦袢」も映っています。

2010年4月3日 13歳 中学2年 前日に転んで顎を擦りむいたところが痛々しい。
強風下(城前広場)でのからくり披露 後半は物産展

2011年4月2日 14歳 中学3年 東日本大震災直後の自粛ムードの中。
この祭のルーツの1つに城下町の災害復興 「金襦袢」「水引幕」が見事

2012年4月7日 15歳 高等部1年 特別支援学校入学前 雪も舞いました

SANY0255.JPG

2013年4月6日 16歳 高等部2年 爆弾低気圧来襲!! 雨の合間を縫って

DSC_0288.3gp

2015年4月5日 18歳 作業所に通い始めたばかり
夜車山の「どんでん」 花冷えで寒かった

この2か月後に他界するなどとは誰も思いませんでした。

来年の犬山祭の開催日は4月1日・2日。今回登録された33グループのトップバッターである。
しかし、残念ながら父はそれにはかかわる予定は今のところない。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中