特別支援学校卒業生の成人を祝う会

表記のお祝いの会が卒業した学校で今日行われました。

趣旨は、卒業後2年間の情報交換。
自治体が行う「成人式は出席しにくい」との配慮で保護者会の恒例行事です。
主催の特段のご配慮で2カ月ほど前にご案内をいただき、慶んで出席させていただきました。
主人公は高等部の3年間を通して「皆勤賞」をいただいた位ですから学校への思いも一入だった筈です。
遺影を携えて臨みました。
出席者は同学年7人中5人でした。
卒業後の環境変化で何人かは体調を崩されたそうです(それぐらい学校は良いところです)。
私にも発言が求められました。内容は
・主人公は「太く、短い人生」であったこと。
・心残りは「選挙の投票」と「障害者基礎年金の手続き」ができなかったこと。

先生との思い出話のいくつかを紹介します。
・主人公は嗅覚が鋭く、散歩中にボヤを見つけ事なきを得た。
・好きな歌は「さんぽ(となりのトトロ)」、「恋するフォーチュンクッキー」で、歩いているときは大きな声でいつも歌っていたそうです。

おそらく何人かにはこれで二度と会うこともないでしょう。
そして、これはみんな同様に感じていること。
別れ際、苦楽を共にした彼らの後ろ姿を見ると涙が溢れてきました。

最後に今日の日の記念に帰宅後バラの苗を買い、植えました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中