特別支援学校・福祉作業所・医師へのお願い

2016年12月3日に「特別支援学校卒業生の成人を祝う会」がありました。
その中で「卒業後1年9か月間」と「今後」について情報交換がありました。
特記すべきことは、卒業後の環境変化で、大きく体調変化した子どもが少なからずいるということ。
もう少し詳しく書くと、
該当する子ども:重度の知的障害児
体調変化を起こした期間:卒業後2か月以内

以下、主人公のこと
体調変化の内容:急性1型糖尿病が卒業後約1か月で判明(入院・診断)
手遅れとなった理由:コミュニケーション能力の欠如(痛い・痒いは言えない)
体調変化のキッカケ(原因)について「思うところ」
・オチャメな性格で、在学中は周りの人たちの反応が良かった。
・作業所は学校と違い通所の目的が違う。
・オチャメな行動が周りの多くの人たちに受け入れられない。「ショック」
・今までの行動パターン通り物事が運ばない。
・これが精神状況の変化を起こした。(保護者の勝手な想像)
・脳からの体への指令がおかしくなった。(保護者の勝手な想像)

特別支援学校・福祉作業所・医師へのお願い
・コミュニケーション能力の劣る子どもへの経過観測の充実
・保護者と上記3者との情報共有
・学校・作業所は連携しているが、主治医も連携に加わる
・もう1度確認してほしい。
何をしてほしいか
・内科・神経科の定期的な検査
何時してほしいか
・卒業前1か月~卒業後2か月
・2週間に1度の血液検査と神経科の問診

主人公の「死」が無駄にならないようにしてほしい。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中