特別支援学校高等部入学のころのはなし

平成12年4月に入学しました。
当時は「養護学校」と呼ばれていました。
以前から愛知県は身体障害と知的障害は別の学校でした。
このころから身体障害と知的障害を同一の学校で受け入れるようになりました。
主人公が選択したのは旧身体障害系の学校でした。
入学したての頃は他の保護者より「あんたの子が来る学校ではない」。
また、教職員からも「知的障害入学反対」のチラシも頂きました。
それらのチラシは地元の教育委員会へ提出し、「どうなっているんだ」と嫌味も言いました。
解決策は「時間」しかないと個人的には思っていました。
この学校を選択し、旧知的障害系の学校を選択しなかった理由は、通学時間だけでした。
通学時間が約5分の所と約1時間の所を比べれば自ずと答えは出ます。
保護者や教職員が反対した理由は、「暴れたときに他の生徒に危害を与える可能性が大きい。建物の構造上、窓が低い位置に設けられているため窓から投げられたらどうする。」でした。
保護者の気持ちを汲めば、言わんとしていることは全く理解ができないものではないです。
知的障害のことをよく理解せず、ただ論理が飛躍しすぎていました。
実際に他の保護者の苦情に対しては「入学決定をしたのは教育委員会であり、直接保護者に訴えるのはお門違いである」と言い放ちました。
教職員のことは「組織決定されたものであり、あずかり知らぬところ」としました。
収まるのに1年位要したでしょうか。学校の名称が特別支援学校になってからはそういうつまらないことはなくなりました。
こういったことも今では懐かしいです。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中