ワールド・カップの思いで

4年に1度開催されるサッカーワールドカップ。
ロシア大会もいよいよ佳境に入ってきました。
先日の日本-ベルギー戦 2時50分に起きて、筆者はテレビ観戦していました。
日本が2-0でリードした時点をもって日本の勝利を確信し、眠りにつきました。
良い「夢」を見ました。
目覚めて、びっくり仰天。

主人公のワールドカップの思い出は
小学校4年時の2006年ドイツ大会
特別支援学級の同級生「アキラ君」はペルー国籍。
日本対ペルーの一戦は、中田英寿バリのキラーパスを送ったが、惨敗しました。
このように小学校も授業に流行を取り入れ楽しい企画を展開していました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください