東日本大震災直後と平成最後のサクラを比較

当地の桜の満開が終わりました。

2011年春は震災自粛ムードで世の中が落ち込んでいました。
主人公も中3での春の首都圏への修学旅行が秋の関西圏への修学旅行に変更となりました。
楽しみにしていたディズニーランドがUSJになり、ミッキーに遭えず親はがっかりしました。

植物は人々の気持ちと関係なくごく普通の春を迎えました。
地元に咲く、サクラと主人公のビデオを紹介します。

去る4月1日には新元号が発表されました。
昭和⇒平成と違って、平成⇒令和は希望に満ち溢れた明るい空気が漂いました。
そんな中でのサクラを紹介します。

最後に、
「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」
を思い出しました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください