主人公の身長・体重の成長の記録

現在(仮称)「歌舞伎症候群のカタログ」をスライドショーで著すべく構想中です。
内容は10歳時と18歳時の外見等を写真を用いた比較です。
例として、目尻がどう変化したか。2枚の写真を見比べるものです。
それ以外には、表題の「身長・体重の成長の記録」を併せて掲載する予定です。
これは既に完成しており、今回先行してお示しするものです。
期間は0歳~17歳までのデータを表とグラフを使って示すもので、下に示しています。
021身長の推移.jpg
身長は、本人の記録、日本人女性の平均値、低身長の参考となる「-2SD」の値を1枚に表しています。
「-2SD」を下回る値の場合は「赤字」にしてあります。
022体重の推移.jpg
体重は、本人の記録、日本人女性の平均値をグラフで表し、併せて肥満度も載せています。
肥満度が、「やや肥満」、「肥満」となった場合も「赤字」にしてあります。

かつて 北米で行われた調査結果 によると、「低身長」の割合は74%。「肥満」の割合は15%となっています。
主人公はしっかり当てはまっております。
証拠として、身長・体重測定時のビデオも示します(デブのピーク)。

(2012年1月13日 15歳5か月 に撮影)

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

5年前の稲刈り風景

このブログでは「稲作」も大きなテーマの1つでした。
その理由は色々ありますが、いちいち申し上げません。想像してください。
DSC_0171.jpg DSC_0167.jpg
みんなが5歳年輪を重ねたことと主人公がいない以外は何も変わっていません。

歩き方がぎこちないのは地面が凸凹しているだけでなく、状況の情報処理がうまくできないことが考えられます。
これも歌舞伎症候群の特徴の1つで、「視空間認知」が乏しいが挙げられます。

零細農家の我が家は一族そろって稲刈りをします。
みんな協力して、1つの方向に向かって作業します。
これが絆を強くする1つの方法かもしれません。

今年は土地改良区の都合で田植えが1週間遅かったことと、夏の天候不順のため、稲刈りまであとしばらくかかります。
KIMG0944.JPG

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

金木犀(キンモクセイ)の香り

今年も金木犀(キンモクセイ)の花が咲き始めました。
10年以上にわたり、毎年このテーマで定点観測をしています。
今年は春に枝をかなり切り詰めました。
気象で大きなことは台風18号が日本列島(先島諸島~宗谷海峡)を串刺しにした。
SANY2156.JPG SANY2157.JPG

(テーマ:キンモクセイの開花 )
2006-10-1110歳 BBQしています
2008-10-11 12歳 この頃はまだベビーカーを使用していました
2009-10-12 13歳 
2010-10-09 14歳 過去3年間の比較
2011-10-13 15歳 セーラー服を着ています
2012-10-21 16歳 猛暑。この年は開花が遅い
2013-10-24 17歳 この年は10月28日でも咲いていました。
2014-09-29 18歳 前年比約1ヶ月開花が早い。
2015-10-03 –歳 この年は花数が少なかった。主人公への思いか? 
2016-10-19 –歳 この年は台風が東北に上陸した。 

なお、上の記録の通り2006年~2011年までは10月10日前後に開花していましたが、ここのところおかしい。
何故でしょう?

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

愛知県がまたやってくれました(個人情報は?)

愛知県は過去に作成した記録映画をデジタルアーカイブに加工してwebにアップしています。
伊勢湾台風の記録などは記憶風化の中で貴重な資料としてだれでも閲覧できます。
本当に高く評価できます。
今回紹介するのは「昭和52年制作/第275号 養護学校の先生」です。
愛知県立一宮養護学校の小学4年生の担任の記録です。

40年前のドキュメンタリーですが、今と変わっているのは
養護学校⇒特別支援学校と名称変更に伴い、身体・知的障害の1本化ぐらいでしょうか。
基本的なことは不変だと受け取りました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

注射の類

具体的には、点滴、予防接種、採血も含みます。
主人公は肥満傾向であったため、ビデオの如く腕も太く、皮下注射の場合はさほど問題もありませんでしたが、静脈を探しての注射は大変でした。
静脈が見つからない場合は最後の手段として、「手の甲」から採血したこともあります。
特に点滴は長時間を要し、ガーゼなどが体に貼付されるのが嫌いで、自分で勝手に針を抜いてしまうこともありました。
入院中は看護師さん手を焼いたことと思います。敢えて病院ではベッドに拘束していただき処置のお願いもしました。
針の差し直しも、誤嚥性肺炎の一因になったことは否めません。
(テーマ注射)
2009年6月16日 中1 コロニーで採血に至るまで ベッドに固定します
2012年12月8日 高1 インフルエンザの予防接種 針の後に貼るシールが嫌い

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

台風一過

この度の台風18号により被害を受けられた方には心よりお見舞い申し上げます。
台風の中心が約30キロほど北側を通過したこともあり、人の呼吸のような強弱織り交ぜた暴風は、物が雨戸に当たる音が聞こえるなど強い恐怖心を与えました。
高層住宅に住む人は雨戸もなく、さぞや怖くてなかなか寝られなかったことと思います。
我が家の被害状況は、カキの実が強風によりかなり落ちました。
稲は穂がまだ大きくなく、倒れてしまった水田は周りを見回してもほとんどありませんでした。
今回の台風は、先島諸島から宗谷海峡まで日本列島を串刺しにしました。

下のビデオは、台風一過の吹き返しの様子を撮影したものです。
人は、風上に向かって「あ゛~~っ」と声を出すのはなぜでしょうか。
2013年9月16日 17歳 高2

今、カリブ海ではカテゴリー”5″のハリケーン「マリア」が暴れようとしています。
被害が最小限で済みますように。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

映画「くちづけ」がYahooのGYAOで見られます

映画の内容
「知的障害の娘を持つ父の深く切ない愛情の物語」です。
ここ から直リンクです。
インターネットの契約によっては視聴できないかもしれません。
映画は2013年春公開。

父はYahooのプレミアム会員のため、余分な費用を払うことなく視聴できます。
2時間以上の長編です。
理由は書きませんが、残念ながら最後まで見られませんでした。

ところで、父は今年の3月末に37年間勤めた勤務先を定年退職しました。
7月中旬までは北海道へ行ったりして遊んで暮らしていました。
その後地元企業に再就職しました。
仕事の内容は総務ですが、特に、中学高校生のインターンシップや障害者雇用の担当をさせていただいています。
「天命」だと実感しています。本当にこの企業でよかった。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ニュース{ダウン症「改善する化合物」発見}より 2017年9月5日

ダウン症の子どもを妊娠したマウスにある化合物を与えると、ダウン症の症状が改善した、という研究結果が発表されました。子どもが生まれる前に、治療が可能になるかもしれません。

詳細は次のとおりです。

アルツハイマーや認知症にも対応できるそうです。
これから更なる研究が期待されます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

愛知県尾張地方の2大伝統文化

(これは勝手に作者が思いついたものであり、学術的に証明されたものではありません。)
①喫茶店のモーニングサービス
ルーツは愛知県一宮市で1950年頃に始まったとされています。
60年以上生活になじめば「伝統文化」でしょう。

②からくり
①と同様に愛知県一宮市は古くから「織物」の産地でした。
織物に必要な「機織り機」も発展したようです。「機織り機」はまさしく「からくり」の集合体です。
トヨタ自動車の祖「豊田佐吉翁」が「機織り機」の自動化に成功したことは有名です。
ただし、トヨタ自動車は「三河」になります。

先ずは①から紹介します。
(テーマモーニングサービス)
2014年07月21日 高3 小牧市内の有名店です 果物店併設
2012年01月12日 中3 受診後のコロニー内の喫茶店 情報交換の場です
2011年01月22日 中2 コメダ珈琲のモーニング

②です。地元は愛知県犬山市です。
「犬山祭」は「車山」と「からくり」及びそれらの伝承で、ユネスコの文化遺産に登録されました。
2006年から2013年までの犬山祭見物
我が家には「茶運び人形」(学研製品)があります。
主人公もよく遊びましたが、お茶を取るタイミングがばらばらで上手くいった試しがありません。
茶運び人形.jpg

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

子宮頸がんワクチン

この単語を最近ほとんど聞かなくなりました。
一時は「夢のワクチン」とも言われていました。
2012年頃に主人公も国の助成制度を受けて摂取しました。
翌年には副作用の問題がクローズアップされました。
主人公に副作用が現れはしないかと心配の日々が続きました。
残念ながら、これに関する主人公のデータは手元に残っていません。
記録魔の父が何故データを残していないのか、今でも不思議です。
ホームページにもブログにも書いていません。

この問題の白黒を早くはっきりしてほしいと思います。
併せて、副作用に悩む子供たちも早く治してあげてほしいです。
また、毎年約1万人の人が子宮頸がんになるそうです。
現代の医学はこの約1万人を何とかして救わなければなりません。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ